はじめまして☆

 

数多くのブログを含むサイトがある中、「Mellnekoの日常日和」に

お越しくださりありがとうございます。

 

私は、このブログを管理しているメル猫(@mellneko_fav)と申します。

何卒よろしくお願いいたします。

 

今回このブログ記事では、「付せん」についてご紹介をさせて頂きたい

と思います。気になるかたは、ご覧くださいね。

 

 

口と足で描く芸術家協会

 

こちらは、”口と足で描く芸術家協会”様から発売されている

マイステッカー」という付せんです。

 

「マイステッカー」の紹介をさせて頂く前に、口と足で描く

芸術家協会について少し紹介をさせて頂きますね。

 

口と足で描く芸術家協会

 

“口と足で描く芸術家協会”とは、東京都新宿区市ヶ谷にある

両手の自由を失った障がいのある画家たちの活動を支援して

いる団体です。

 

1956年にヨーロッパで始まり、日本では1961年から始まって

以降50年以上続いているとのこと。

 

現在では72ヵ国参加しており、800人ほど在籍しているようで

すよ。

 

 

 

口と足で描く芸術家協会では、オンラインショップにてグッズを

購入することによってそのお金が若い障がい者への奨学金や画材

の購入、絵を学ぶといったことに使われ、そのことによって絵の

制作が行われ、そして絵がグッズとなり、そのグッズがオンライ

ンショップにて販売されている…という「助け合いの輪」という

形で活動が行われているようです。

 

 

こちら👇をクリックしていただくと、何らかのきっかけで障がい

を持ち、画家として新たな挑戦をするといった経緯について漫画

として知ることが出来ます。

 

マンガ生きる勇気 新人画家の紹介「新しい挑戦」

 

実際に漫画を読んでみて、オンラインショップにて購入する

ことによって障がいをもつ方々のお役に立てるのであれば、

是非支援したいと思うし、今後もこういった活動が増えてい

けばいいなぁ~と感じさせられます。

 

 

 

口と足で描く芸術家協会について、もっと知りたいという

方は、オンラインショップにて拝見してみてくださいね!

 

口と足で描く芸術家協会ネットショップ

 

 

最近では、いろいろなところで絵画イベントが行われて

いるようです。気になる方はチェックしてみてください

ね!

 

絵画展レポート 【口と足で描いた絵 HEARTありがとう】 @東京交通会館

 

 

マイステッカー(付せん)

 

ではでは、「マイステッカー」という付せんの話に戻らせて

いただきますね。

 

表はこのようなシンプルなデザインとなっており、裏には、

絵水谷喜一郎さん“によって描かれた絵が記載されておりま

したよ。(こちらは実際に拝見してからのお楽しみ…という

ことで。)

 

 

 

1枚めくってみると、格子のついている付せんとなって

おりました。付せんというと、格子がついていないイメ

ージがあったので、珍しいなと感じました。

 

 

試しに字を書いてみると、こんな感じとなりました。

※あんまり字が上手くなくて…ほんとに申し訳ないです…m(__)m

 

格子がついていると、文字が書きやすいなと感じました。

そして、右下に絵が書いてあるというのも嬉しいです。

 

紙は、ちょっとお高めの用紙が使われている気がします。

良い紙質だからなのか…すごく書きやすかったです。

 

こちら、カタログにも掲載されていましたよ!

 

 

気になる方はチェックしてみてくださいね(≧▽≦)

 

 

こんな方におすすめ!

今まで私自身は、付箋に必要な事項を書いて廃棄してまた書いて…

という使い方をしていたのですが、こちらの付箋は、どちらかとい

うと、どうしても伝えたいという相手に、ここぞということを伝え

るための付せんなのかなと感じました。

 

気軽に使える付せんではなく、”特別感”が漂っている気がするので

”誰かにとある気持ちや想いを伝えたい”

そんな方にはおすすめ…というか、是非使って頂きたいです!

※付せんを恋愛に使ってみる…とか( ̄∇+ ̄)vキラーン 

 

この「マイステッカー」を拝見していて、付せんに対する価値観が

変わった気がします。

 

 

最後に

ここまでお読みくださり、ありがとうございました|ω・)

気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

ではまた~♩

 

 

 

 

 

 

口と足で描いた絵ファンサイト参加中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です